入社二年目のOLです。私自身はまだ消費者金融のお世話になったことがありません。けれども、同僚たちはしばしば「こうなったら消費者金融に頼るしかないわ(笑)」というような会話を交わしています。冗談めかして言うくらいですから、消費者金融というものが私たちの生活に深くかかわっているのでしょう。ただ、消費者金融からお金を借りようと思っても、無条件で大金を借りるというわけにはいかないみたいですね。どうやら審査というものがあるらしいのです。それも、事前審査と本審査という二通りのものがあるとか。

率直に質問します。キャッシングの事前審査と本審査の違いを教えてください。

事前審査とは電話での口頭質問、本審査とは店舗での面接です

しばしば勘違いする人がいるのですが、キャッシングを受ける前にウェブ上で行える借り入れ診断のようなものは、事前審査ではありません。あれは、あくまで目安です。シュミレーションによってはじき出された借り入れ限度額と、実際に店舗でスタッフから言い渡される金額は異なる場合もあります。

事前審査とはそれほど難しいものではなく、キャッシングを初めて申請する際に、あなたの年収や希望の借入金額など、消費者金融から指定された個人情報を電話で回答する行為です。

ついで消費者金融から日時を利かれるので、自分の都合が良い日を選べば、その日が本審査の日ということになります。実際に店舗へ赴き、プライバシーが保護された密室の中で、だいたい30分程度の面接(基本事項の確認)を受けることになります。

事前審査と本審査には違いがあることを知っておきましょう

金融機関から借り入れをするときには、申し込みをすればいきなり審査が行われて、すぐにその結果が通知されることもあります。色額の借り入れをするときにはこのようなスタイルをとる事も多いのですが、大金を借りるときには、事前審査を行い、そしてその後に本審査が行われる事もあります。

事前審査が行われる理由は、申し込む前に融資の条件を知ることができるからです。例えば、住宅ローンを組む場合を考えてみましょう。住宅ローンを組むためには審査を受けて通らなければならないのですが、審査を受ける前に売買契約を結んでおかなければなりません。売買契約書が住宅ローンの申込書類の一つとなるからです。そのために、融資を受ける前に契約をしなければならないのが一般的です。

しかし、売買契約を結んでから申し込み、そして審査に落ちたとなると売買はできなくなります。そうなると売り手に対して余計な時間と手間をかけてしまうことになるでしょう。ですから、売買契約を結ぶ前に事前審査を受けて、審査に通るそうかどうかを教えてもらうのが良いと考えられるのです。このときに借り入れることのできる金額も分かりますし、金利も決定されますから、不満があるなら他の金融機関を選ぶこともできます。

このような目的で事前審査が行われるわけですが、事前審査に通ったから必ず本審査に通るわけではありません。二つの審査の間で、調査するものに違いがあるからです。審査基準が異なりますから、結果が異なることがあるというのは当然のことだと言えるでしょう。調査をするものが基本的に違うというよりは、事前に行うといっても、基本的には大した調査は行われていないと考えておくほうが良いです。

具体的にはどのような点で違うのかというと、大きなものとしては信用力調査があります。事前審査では信用力調査が行われないことが多いのですが、本審査では確実に行われます。これが原因となることが多いようです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 ≪審査が甘い?!≫貴方の為のローンカード厳選会社紹介サイト! All Rights Reserved.