社会人四年目の男です。大学を卒業してから就職した会社にどうしてもなじむことができず、心機一転、転職を考えていたのですが、とにかく現代は転職状況も厳しいですので、どうもうまくいかず、今は何とか派遣社員として食いつないでいます。いざという時は、本当に消費者金融に頼るくらいしか有効な手がないですね。そこで一つ、今後のために気になることがあるのです。

派遣社員でも消費者金融を利用してローンが組めますか?

例えばイオン銀行なら、年収百万円からローンが組めます

現代は未曾有の不景気であることから、個人の働き方にもそれまでとは大きく異なる変化が生じています。正社員として会社に属することができればそれがベストなのかもしれません。けれどもそれが叶わず、派遣社員として食いつないでいる人もたくさんいるわけです。

派遣社員という働き方が悪いわけではありません。人にはそれぞれ事情というものがありますから。ただし、派遣社員という働き方を選べばどうしても、得られる給与が少なくなってしまいます。年収が百万程度である人もザラです。

普通、そういう条件であれば多くの消費者金融は貸付を渋ります。一般的に、消費者金融からまともな条件で借り入れを受けたければ、年収で四百万円は欲しいということが指摘されますよね。年収がわずか百万円ということになれば、これに遠く及ばないわけです。

それでも、消費者金融を利用してローンを組むことは可能です。例えばイオン銀行なら、正社員でなくても半年以上の勤続期間があれば、ローンを申請できます。

派遣社員でもローンを組めないことはありません

派遣社員というと、正社員に比べると信用力の面で劣っていると考えられる事が多いです。というのも、基本的には働く期間が定められているからです。特定の業種では正社員と同じように働き続けることができるというのが現在の状態なのですが、労働派遣法が改正されることによって、恐らくこれもなくなると考えられます。ですから、基本的には一定の期間の間だけしか働くことができないのです。

その期間は契約によって異なるのですが、最長で3年です。ですから、3年経てば、その後は別の職場で働かなければならないことになり、収入が安定しないと見なされることが多いです。収入が安定していないと、返済ができなくなる可能性が高くなると考えられるために、ローンの審査には通りにくくなると考えられるのです。

このような傾向はありますが、派遣社員という一つの集団で考えるのではなくて、金融機関はそれぞれで審査を行ってくれますから、条件が整えば大きいローンを組むことができるでしょう。例えば、住宅を購入するために住宅ローンを組んだ人もいます。どうすれば良いのかというと、返済能力があることを示せば良いのです。

派遣社員であっても、過去の収入を提示することができれば、収入が安定していると示すことができます。過去何円文化の収入を提示して、それで安定して収入が得られることを伝えられれば審査に通ることは多いのです。ただ、審査の基準は金融機関によって異なるということについても把握しておく必要はあります。

金融機関によって異なりますが、最初に相談をするのなら給与振り込みに使っている銀行が良いでしょう。給与振り込みに使っていれば、毎月安定した収入を得られていることを、わざわざ言わなくても銀行側で把握することができます。これだけでも信用力を高めることができるのです。メインとして使っている銀行であれば貯蓄もあると思いますから、これによっても信用力を高めることができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2021 ≪審査が甘い?!≫貴方の為のローンカード厳選会社紹介サイト! All Rights Reserved.